遮熱シート「タープホイル」とは?

Solar_Board_Color_Graphic.gif

エアコンか効かない、夜になっても部屋が暑い、夜中なのにエアコンを切るとすぐに暑くなって寝苦しい。

誰もが感じる夏の現象です。これは日中に屋根や外壁、さらに屋根裏、天井、壁が熱を持ち、その熱が室内に放射され続けているからです。

夏場、お昼ごろまではエアコンが良く効きますが、午後2時から4時頃に全く効いていないように感じることがあると思います。これも建物全体が熱を持ってしまい、この熱を室内へ放射しているからです。

外側からの熱移動の約75%はこの放射による移動です。建物に使われている材料の多くは、放射熱をよく吸収し、吸収した熱を再び放射します。そのため、上記のような状態が起きやすいのです。

反射率2.jpg 

遮熱シート「タープホイル」はこの放射熱を97%カットして、放射熱による温度の上昇を抑えることで優れた遮熱効果を発揮します。

■ タープホイルは厚さ0.17mmと極薄ながら破れ難く、放射熱を97%反射するアルミ遮熱シートです。
■ タープホイルのアルミニウム純度は99.45%です。
■ 素材自体の劣化がなく、経年変化に強い特性を持っています。
■ ポリエチレン繊維織布を使用し、縫製可能ですので倉庫の天井等の広範囲に及ぶ施工にも容易に対応できます。
■ 柔軟性・耐水性にも優れたローコスト型です。
■ 防水タイプ、透湿タイプ、屋根専用タイプがあり、施工場所や用途に応じた選択ができます。
■ シートのジョイント等にもお使いいただける専用テープもあります。
■ シートを貼るだけなので、リフォームやDIYにも対応可能です。